ガイア動物病院|犬・猫・うさぎ・フェレット・エキゾチックアニマル|杉並区・中野区・阿佐ヶ谷・下井草・鷺ノ宮

[診療科目]消化器科・内視鏡検査

嘔吐・下痢の原因

嘔吐や下痢は日頃からよく見られる症状です。
しかし、その原因は様々です。

例えば嘔吐ですが、急性胃炎の様に比較的短期間で回復できるようなものから、急性膵炎・腸閉塞・急性腎不全など手術が必要であったり、緊急の処置が必要なものまであります。
下痢の原因も同様です。

このように、原因が様々であることから検査も多岐に渡る場合があります。

  • 身体検査
  • 血液検査
  • レントゲン検査
  • バリウム検査
  • 超音波検査
  • 内視鏡検査
  • 病理組織検査

内視鏡検査

内視鏡検査について

内視鏡検査では、血液検査やレントゲン・超音波検査では見つけることのできない身体の変化を見つけることができます。
カメラのついた細長い柔軟な筒を口や肛門から入れ、食道・胃・小腸(十二指腸・空腸上部)・盲腸・大腸を内側から観察・生検・処置を行います。

内視鏡による治療

内視鏡は治療にも用いることが可能で、誤って飲み込んだものを開腹手術することなく取り除くことができます。
(大きさや形によっては開腹手術となることもあります。)

一覧に戻る
ページトップへ