ガイア動物病院|犬・猫・うさぎ・フェレット・エキゾチックアニマル|杉並区・中野区・阿佐ヶ谷・下井草・鷺ノ宮

[診療科目]眼科

眼は外から確認できる臓器で、比較的異常を早く見つけることができます。
しかし、その原因は多岐に渡り、中にはすぐ処置に入らないと失明してしまう病気もあります。

  • 眼が赤い
  • 眼が白くなってきた
  • 左右の大きさが違うようだ
  • 腫れている
  • シパシパしている
  • しきりに顔周りを気にしている
  • 顔を壁に擦り付けている
  • 涙の量が多い
  • 乾燥している
  • 眼の周囲にデキモノがある
  • 目やにが多い
  • 涙焼けがある
  • よく壁にぶつかる

どのような症状でもあまり様子見はせず、近いうちに動物病院で受診されることをお勧めいたします。

緑内障

眼圧計

主に眼圧の上昇により、視神経や網膜神経を障害されることで起こる疾患群です。眼圧計という機器を使って調べます。
その原因は、白内障・ぶどう膜炎・腫瘍・遺伝など様々です。

白内障

病的に水晶体と呼ばれる部位が混濁した状態を言います。
こちらも原因は様々で、先天性・遺伝性・代謝性・外傷性・薬物性などがあり、さらに、他の目の病気から二次的に起こる場合や、老化に伴う場合もあります。
白内障の問題は大きく2つで、「視覚が障害されること」と「緑内障などの合併症」です。

結膜炎

いわゆる白眼の部分が炎症を起こし、腫れている状態のことです。
感染性のものと非感染性のものに分類され、非感染性ではアレルギー、涙液減少、接触性などが挙げられます。
目ヤニや結膜の細胞診、涙液量の検査、眼の傷の検査などを行います。

一覧に戻る
ページトップへ